どん底は今?あなたの夢はリフォーム?現状維持かな

私は、結婚して10年目になります。
結婚した当時は、主人の年収は500万円でした。
当時働いていた会社は、リストラは絶対にしないという条件の会社でしたので、自分から辞めない限り働き続けられました。
家賃も全額補助でした。
お金の心配なんてしないで、結婚して2年たった頃、主人が突然会社を辞めました。
一言も相談されませんでした。子供は2歳で、私もパートで働いていましたが、月に多くて7万円稼ぐのがやっとでした。

 

この時から、今もなお貧乏生活は続いています。

 

最初の転職は、保険会社の営業です。保険会社の営業は天国か地獄、どちらかですね。

 
主人の母親に、保険会社で働くことになったと報告したときに言われた一言が、地獄の始まりだ…でした。

 

 
保険会社は、接待費用、ガソリン代がすべて自腹です。
貯金は数ヶ月でなくなりました。
主人の両親にお金を借りる生活が始まりました。来月こそ契約とるからと言いつつ、契約0が続きました。
この頃、私に内緒で借金もしていました。

 
お金もないし、借金はしているし、精神的に疲れてしまいました。

 
保険会社での最後の給料は、7万円でした。家賃も払えない金額で、この頃はどうやって生活していたのか記憶がないです。

 

 

次は、飛び込み営業の仕事です。

 
今どき、飛び込みできても玄関開けないですよね。
ということで、この仕事もパッとせず、結局消費者センターにクレームがいきクビです。
給料はよくて20万円くらいでした。

 

 

この頃、主人の祖母にもお金を借りました。

 
それでも、お金が足りなくて電気が止まりました。息子は3歳位だったので、どうして電気がつかないのかがわからず、でもなんか楽しそうにはしゃいでました。

 
シーンとした家の雰囲気は、未だに忘れられません。

 

生活費のために私も借金をしました。ほとんどが食費、生活用品です。リボ払いにしていたのでまったく元金がへりませんでした。

 
3社くらいから借金をしていました。
返せなくなり、私の職場まで電話がかかってくるようになりました。

 
携帯も電話が鳴りっぱなしです。

 

 

ついに、債務整理をする事にしました。司法書士の先生に相談してから、やっと取り立てはなくなりました。
ものすごくホッとしたことを覚えています。

 

 

どうすることも出来なくなったときに相談したのが、グリーンコープの相談窓口でした。

 
債務整理していても、お金を貸してくれると聞いたので行きました。
この時の主人の手取り給料は12万円、私が7万円でした。

 
相談した結果、返せる能力がないので貸せませんとのことです。

 
そして、相談員の方が私に言った言葉が、子供を寝かしつけてから、夜中から朝まで働いたらどうですか??でした。涙がこみ上げてきました。

 
結局、人は助けてくれないのです。
相談に行った交通費が無駄になりました。

 

 

主人も毎日イライラして、子供にあたるようになりました。

 

 

私は、4歳になる息子を連れて家をでました。
家賃を使い込まれたからです。
私は、毎日100円使うのにも悩んでたのに、主人はアッサリ何万も使ってました。

 

 

たくさん話し合って、両家の家族を巻き込んで、なんだかんだで今も夫婦をしています。

 
誰に話しても、離婚しなかったのを不思議がられます。

 
何故かというと、主人が営業で成功するだろうと思ったからです。

 

 

しかし、いまだに不安定です。

 
家出事件から3年たったのですが、相変わらずです。
私の勘ははずれたのでしょうか…。
やり直すと決めたので、また家出もしづらいし、困っています。

 

 

でも、今がどん底かもしれないと思ったら頑張れる様な気がするので、気長に成功するのを待とうと思います。

 

 

私の勘が当たりますように。

 

 
世の中では本当に厳しい生活をされている人の声はピックアップされない。
 
政治を見ていても本当にわかってくれているのか?と不思議になることが多い。

 
個人的には今後の日本の流れとしては、厳しい生活をしている人を助けていける社会構築が大切だと思っています。
 

家をリフォームしたい需要も高まっているようですね。
 

リフォーム業者おすすめ